歯の矯正

最新の情報

八重歯の矯正続き

八重歯の矯正と言っても、治療方法としては、一般的に歯列矯正を行うことになります。
どのように治療するのかと言いますと、具体的な方法としては、八重歯は抜歯しません。
飛び出た八重歯が本来、生えるべく場所にある歯を抜歯して、歯列矯正をスタートします。
八重歯の矯正治療を始める時期ですが、これは、早いほうが良いので、できれば高校生くらいまでには治療を開始させると良いでしょう。
若ければ若いほど、時間がかからないで歯が整いますから、その分、費用も少なくてすみます。
そもそも、八重歯は、上あごの骨の成長不足などが原因となって、犬歯が生える場所が無く、唇に近い位置で、突出してしまっている状態です。
また、遺伝的な要因も多いと言われています。
八重歯によって、唇や口腔内を噛み、傷つけてしまい、傷口が耐えないという人もなかにはいらっしゃいます。
また、発音がしづらかったり、話すことを仕事にする方が、八重歯でカツゼツが悪くなったり、このように虫歯のほかにも、様々な弊害をもたらす場合があります。
ですから、八重歯は、本人が不便を感じていて治したいと思えば矯正すればよいでしょう。
反対に、不便をまったく感じず、見た目も可愛くて気に入っているのなら、無理して高額な治療費を払い、矯正する必要もないと私は思います。
ただ、近年、日本においても、アメリカなどと同様、歯に対しての美意識が変わって来ました。
就職のため、将来のため、審美歯科などで、歯の矯正をする人も増えていることも事実です。

Page 1 of 3012345»...Last »
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi