歯の矯正

歯の矯正にかかる期間その2

社会人として仕事をしながら、長期間、矯正の治療を続けるということは、大変ですし、どれくらいの期間で治療が終わるのか、その点が気になっている方も多いと思います。
歯列矯正をする場合、患者さんの歯並びの状態や、成長の具合によって、治療期間は大きく異なっています。
そのため、歯列矯正が、何年で終了するのか、それは、一概には言えないのです。
歯の並びが非常に悪い人が治す場合、その分、長い時間が必要でしょうし、全体的に歯並びもよくて、若干、矯正するだけの場合などは、その分、短くなるでしょう。
矯正には、マルチブラケット装置と呼ばれている、歯につけるワイヤーの治療具を使用するのですが、目安として、この器具を装着してから、2年か3年と言ったところでしょう。
抜歯をするか、しないかで、矯正の期間も違ってきます。
抜歯をする場合ですと、期間が1年くらい長くなる可能性もあります。
また、歯がきれいにそろうまで、器具で動かし続けるのですが、この歯の動き具合は、個人差があるものなので、人によっては半年早く治療が終わったり、半年、遅くなったりします。
矯正のマルチブラケット装置を取り付けている間は、医院に通うことになります。
だいたい、3週間、4週間に1度くらいのペースで、受診して、器具の調整を続けていくことになります。
そして、矯正の本格治療が終了したら、ブラケットを外しますが、歯が元の場所に、戻らないように保定装置をつけることになります。

 歯の矯正にかかる期間その2 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi