歯の矯正

子供の歯の矯正その1

お子さんの歯並び、みなさんは気になったことはありますか?
私の周囲でも、子供の歯に関して、気になる点があるという親は、けっこういるようです。
小さいうちから、親が歯磨きをしてあげたり、虫歯にならないように食べ物に気をつけてあげたり、寝る前は何も食べさせないようにしたり、親が気をつければ子供は虫歯になりにくいですよね。
小さい頃の歯の状態については、どうしても親の責任が大きいと思います。
そして、お子さんの歯の矯正を考え始めるのは、ほとんどの親の場合、子供の永久歯が生え揃うころでしょう。
お子さんが小学校低学年あたりではないでしょうか。
歯はお年寄りになっても、ずっと自分の歯を使っていければベストです。
一生、付き合うものですから、将来的に子供の歯に問題がないよう、親は出来るだけのことをしてあげたいと思うのは当然です。
歯並びが悪ければ、矯正を考えるでしょうし、は放ってはおけないと思います。
ですが、歯並びが悪いということで、受診する子供たちの多くは、すべて永久歯になっているわけではありません。
例えば、3歳などの検診で歯並びの悪さを指摘されるケースもあります。
小さいお子さんの場合、不正咬合が気になりますから、歯並びが悪いことで、食べ物を上手く摂取できないという心配事もあります。
検診で指摘されたとしても、すぐに歯の矯正をすすめる医師はいないでしょう。
しばらく様子を見るというケースがほとんどです。
なぜなら、子供達は、年齢が進むうちに、歯並びも自然治癒することがあります。
それが一番良い方法ですから、歯科医もそれを期待しているのです。

 子供の歯の矯正その1 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi