歯の矯正

子供の歯の矯正その3

生え変わりの段階で、歯並びの悪さ、不正咬合などは、「乳歯の頑張り」とも呼ばれますが、永久歯が強引に出てこようとする際に起こります。
みなさんも、経験があると思いますが、乳歯の下から永久歯が出てきてしまい、同時に生えている状態です。
このケースでは、不必要になった乳歯を抜きますので、奥へと入ってしまった永久歯も、実は、このあと、時間をかけてちゃんと前へと出きます。
ですから、ここで「歯並びがガタガタになってしまった」と焦って、歯を矯正することはないのです。
小学校低学年ころから、乳歯が抜けて、永久歯へと代わりますが、乳歯と永久歯が一緒に混在していることを混合歯列期と呼びます。
全ての歯が永久歯になることを永久歯列期と呼んでいて、そうなるまで、この混合歯列期は長く続くことになります。
混合歯列期では、歯列の変化が目まぐるしく起こっています。
乳歯が抜けたり、永久歯が生えてきたり、歯が動いたり、ですから、この時期は、トラブルがないか様子を見守ることが一番なのです。
歯列に何もトラブルがなく、永久歯列期を迎える子供も多いですから、そうなれば、矯正のことも考えなくてよいですよね。
この期間、親御さんはお子さんの歯列状態をまめにチェックしてあげると良いです。
乳歯の歯列矯正において、まずは、様子を見ることが基本になっているのは、この混合歯列期の歯列変化が、激しいことが理由です。
小さいお子さんの歯列矯正は、早いほど良いというわけではありません。
このことは親でしたら、みなさんが知っておくべきことだと思います。

 子供の歯の矯正その3 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi